人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

日韓関係と日台関係について

 日韓の間に横たわる様々な問題は昔からのもので、今更驚く程のことはないが、文政権になった後、このところ、泥仕合の様相を呈して来たのは間違いない。

 関係悪化の根本は歴史認識の問題から来ているので、現況を常態とすれば良く、日本側から擦り寄る必要は全くない。

 両国政府が相互にわぁわぁ言っても何の益もないので、日本側としては外交努力を続けているようにイメージ発信するだけで良いのではないだろうか。

 日韓の関係が複雑になればなる程、結果として日台関係の維持・強化につながることになるのは悪いことではない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2019-01-27 14:04 | Comments(0)  

台湾の立場について

 1年前、台湾は現状維持を図ることしか道は残されていないように思うと記したが、今もその状況は変わっていない。

 米国大統領の対中強硬姿勢が暫く続いたとしても、台湾問題には今後も大きな変化は見られないのは確実である。

 台湾の救いは英国人の総督がいて中英間で返還を協定した香港と異なり、統一日程が明確になっていないことである。

 台湾が日本との紐帯強化を図り、中国が統一を断念、次の世代に引き継ぐことこそ目下考えられる現実的な対策である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2019-01-13 22:27 | Comments(0)  

平成三十一年 年頭所感

読者諸兄

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 昨年は天皇陛下の「平成の玉音放送」により、約200年ぶりとなる御譲位が決まった他、終戦後、俎上に上っては消え、俎上に上っては消えを繰り返していた海上自衛隊(新日本海軍)の空母保有が現実化する等、時代の転換期を象徴する一年となりました。

 米朝、米中、米露、クリミア、イラン、シリア、サウジと世界情勢を振り返ると「波高し」の状態が続き、これでよく世界大戦(我々が考える「戦争」状態)にならなかったものだと、つくづく思う中、平成の御代が、日本が戦火に巻き込まれる事無く幕を閉じようとしています。

 世の左翼・反日界隈は安倍政権を右翼的だのなんだのと批判していますが、少なく共、日本は安倍政権だったからこそ、内憂外患を退けて平和を享受出来たのだと信じて疑いませんし、安倍総理の自民党総裁任期が全うする迄、現体制が続く事を願っています。

 最後に、平成最後の年、代替わりの新たな年が引き続き平穏であります様、又、日台両国の関係が「一宇」(一つの家)の如く深化する事を心より願いつつ、年頭の挨拶に代えさせて頂きます。

平成31年1月1日

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

by ayanokouji3 | 2019-01-01 14:15 | Comments(0)