人気ブログランキング |

<   2005年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

台湾 あす国民党主席選 政権奪回へ一騎打ち 王氏と馬氏 省籍選択も焦点に

【台北=河崎真澄】台湾の最大野党、中国国民党の主席(党首)選挙が十六日に行われ、即日開票される。王金平立法院長(64)と馬英九台北市長(55)の二人の副主席の一騎打ち。台湾メディアの調査では馬氏がリードしている。国民党は五年前の総統選で下野しており、両候補とも二〇〇八年の次期総統選での政権奪回を旗印に掲げる。約百三万人の党員による事実上の総統選候補選びとなるほか、今後の中台関係にもかかわる選挙として注目される。

 四月から五月にかけて訪中し、中国共産党と六十年ぶりとなる「国共会談」を実現させた連戦主席(68)の退任に伴う選挙だが、複数の候補者を党員が直接投票によって選ぶ主席選出は、革命家の孫文が組織した前身を含め九十年以上の歴史をもつ国民党でも初めて。

 次期主席は〇八年の総統選での党候補者に指名される可能性が高く、党員のみならず、台湾住民の関心を集めている。

 長年にわたって立法委員(国会議員)の座にある王氏は、前総統の李登輝氏との関係も深く、「台湾本土化」路線も打ち出している。甘いマスクと行動力で若者に人気の馬氏は世代交代による「党改革」を訴え、中国との五十年間の和平協定締結も唱えている。

 しかし連主席の路線継承をうたう二人の主張に大きな隔たりはなく、台湾南部の高雄出身である本省人(台湾籍)の王氏か、国民党エリートの外省人(中国大陸籍)二世の馬氏か、という省籍の選択が焦点の一つになっている。本省系を地盤とする王氏の陣営は、「国民党員の40%は外省系だが、台湾有権者の80%以上は本省系で、総統選で勝てる主席は王氏だ」と強調し、政権奪回のための主席選との認識だ。

 馬氏も本省系に配慮して、「国民党が外省党に後戻りすることはありえない」との発言を繰り返している。ただ、ケーブル局「TVBS」テレビの最新調査では、無作為に抽出した国民党員百十人の支持率が馬氏が52%と、王氏の18%を大きく引き離している。同調査は両候補によるテレビ討論で馬氏が支持を得たと分析している。


靖国英雄 YASUKUNI Hideo

by ayanokouji3 | 2005-07-16 20:07 | Comments(0)  

台湾海峡紛争に介入なら核使用も 中国軍当局者、米国に警告-英紙

 15日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)によると、中国人民解放軍国防大学の朱成虎教授(少将)は外国人記者との会見で、台湾海峡での武力紛争に米国が介入し、中国を攻撃するなら、中国は対米核攻撃に踏み切る用意があると警告した。

 同教授は「もし米軍が中国領土の標的に対してミサイルや精密誘導弾を発射すれば、われわれは核兵器で対抗しなければならないだろう」と語った。この「領土」には中国の艦船や航空機も含まれるという。


靖国英雄 YASUKUNI Hideo

by ayanokouji3 | 2005-07-16 20:04 | Comments(0)  

中国、米国に対し核兵器使用の可能性警告―人民解放軍幹部=FT

[ロンドン 15日 ロイター] 中国人民解放軍の朱少将は、中国と台湾の関係をめぐって米国が中国を攻撃してきた場合は、米国に対して核兵器を使用する用意があると警告した。15日付けのFT紙が報じた。

 朱少将はこれについて、個人の見解だとしたうえで、米中間に摩擦が発生するとはみていないが、中国が攻撃を受けた場合は核兵器を使用せざるをえない、との姿勢を示した。

 同少将は外国人記者団との記者会見で、「米国が中国領土内の目標圏にミサイルや位置誘導兵器を発射してきた場合、核兵器で応戦しなければならないだろう」と述べた。

 FT紙は、この発言の真意は不明としながらも、過去約10年間のうちになされた中国高官による発言でもっとも明確なものであると伝えた。


靖国英雄 YASUKUNI Hideo

by ayanokouji3 | 2005-07-16 20:03 | Comments(0)  

大陸核武攻美説 美:非常不負責任

Chinese General Threatens U.S. Over Taiwan
Response Might Be With Nuclear Weapons, Reporters Told

By JOE McDONALD
The Associated Press
Friday, July 15, 2005; 4:01 PM

BEIJING -- A Chinese general said Beijing might respond with nuclear weapons if the United States attacked China in a conflict over Taiwan, news reports said Friday.


Anyone can be a Chinese general for he is extremely lower educated as Maj. Gen. Zhu Chenghu of the Liberation Army, and a dean at China's National Defense University. How did the Chinese Government select a general ? How did he get his degrees from the schools? "Someone takes the money under the table". If he is well-educated, then any illiterate can take the lead in the Chinese Liberation Army.

The State Department rejected the warning as "highly irresponsible."


The exchange could add to tensions with Washington at a time of U.S. worries about China's military buildup and the proposed takeover of the oil company Unocal Corp. by a Chinese state-run company.

"If the Americans draw their missiles and position-guided ammunition into the target zone on China's territory, I think we will have to respond with nuclear weapons," Maj. Gen. Zhu Chenghu, a dean at China's National Defense University, told visiting Hong Kong-based reporters. His remarks were reported by The Asian Wall Street Journal and The Financial Times.

Zhu stressed he was expressing a personal view, not official policy, and was confident that China and the United States would not go to war, the reports said. While Zhu is a serving officer, he isn't involved in policymaking.

State Department spokesman Sean McCormack said he hoped that the comments did not reflect the views of the Chinese government. From what he had seen of the quotes, McCormack said, "I would say they are highly irresponsible."

The Chinese Foreign Ministry didn't respond to requests for comment on the general's remarks. A woman who answered the phone at the protocol office of the Defense Ministry said it had no comment. She refused to give her name.

China claims Taiwan, which split from the mainland in 1949, as part of its territory and has threatened to invade if the self-governing island declares formal independence or puts off talks on unification.

Also Friday, the visiting president of the European Commission, Jose Manuel Barroso, called on Beijing to open direct talks with Taiwan, saying it would help to promote peace in East Asia.

"The international community would welcome China starting a direct dialogue with Taiwan as a sign of great maturity," Barroso said in a speech at the Chinese Academy of Social Sciences, the government's main think tank.

Zhu was responding to a question about how China might react to U.S. involvement in a conflict with Taiwan, the Journal said. The United States is Taiwan's biggest arms supplier and could be drawn into fighting to help defend the island.

"If the Americans are determined to interfere ... we will be determined to respond, and we Chinese will prepare ourselves for the destruction of all cities east of Xi'an," a major city in central China, Zhu said.

"Of course the Americans will have to be prepared that hundreds of, or two hundreds of, (or) even more cities will be destroyed by the Chinese," he said.

The general said his comments were "my assessment, not the policy of the government," the Journal said.

China exploded its first nuclear weapon in 1964 and has an arsenal of missiles that can carry nuclear warheads.

China has a "no first strike" nuclear policy, but according to the Journal, Zhu said he believed that applied to non-nuclear powers and could be changed.

The general said China has no intention of getting into an arms race with the United States, noting the experience of the former Soviet Union as evidence of the futility of doing so, the report said.
大陸核武攻美説 美:非常不負責任



【TVBS新聞 】
根據媒體報導,大陸解放軍少將朱成虎公開表示一旦台海發生衝突,美國攻撃大陸的話,大陸將會以核子武器反撃,今天美國國務院作出反應,批評這是非常不負責的言論。

國務院發言人席恩麥柯邁:「我們希望這些言論不是代表大陸政府的想法,我雖然沒有看到全文,但是有看到一些,我只能説這是非常不負責任的説法。」

大陸解放軍少將朱成虎昨天在接受香港媒體採訪時表示,如果台海發生衝突,美國試圖介入,並且把飛彈對準大陸領土範圍的話,大陸會毫不客氣的用核子武器反攻美國。

這樣的發言引起美國的強力不滿,除了國務院批評這是不負責任的言論之外,美國還有議員要求大陸為此道歉。


靖国英雄 YASUKUNI Hideo

by ayanokouji3 | 2005-07-16 19:56 | Comments(0)  

中国軍人の発言について

中国の国防大学防務学院長の朱成虎という人が、7月14日、北京で外国記者団に対し、米国が台湾問題で軍事介入するなら、中国が米国に対し核攻撃をする用意があると語ったという朝日新聞の記事を読んだ。

軍人に特有の大言壮語とも思われるが、「両岸の紛争に米軍が介入すれば、核攻撃の応酬になるかも知れない。西安より東の都市をすべて犠牲にしても、我々は核兵器で応戦する」、「台湾は中国の安全にとって癌であり、治療が必要だ」と述べたという。

中国政府は現在台湾の懐柔に努めているが、上記発言は他国の容喙を許さないという軍部の意見が反映されたものである。

日本の立場からすれば、「中国は台湾の安全にとって癌であり、治療が必要だ」ということになる。これは多くの台湾人にとっても同様であろう。

(註)
北京オリンピックは本当に恙(つつが)なく開催されるのか。これからの3年の間に、幾多の紆余曲折があるのではなかろうか。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-07-16 19:40 | Comments(0)  

六カ国協議と台湾問題について

北朝鮮の核開発に関する六カ国協議というのは、不思議な行事である。第一、開催国の中国にやる気が見えない。第二に、韓国は北朝鮮の核開発に表面上否定的な態度を見せているだけである。第三に、米露は自国の威厳が保たれればよいと思っている。

まやかしの行事であるからこそ、日本が拉致問題の解決を訴えても、まともに取り上げられることはない。残念であるが、これが現実である。

さて、台湾問題がいよいよ緊迫して来た場合、国連に付託される前に●カ国協議といったものは開催されるだろうか。恐らく開催されないだろう。なぜなら、中国は内政問題として取り合うことはないし、台湾側の代表が協議に参加することを拒むからである。

万一、開催するとすれば、日本で行うべきであろう。その際、尖閣やガス田についても議題となるだろう。問題は、その頃、中国の現政権に当事者能力があるか否かである。

(註)
六カ国協議の本質は、気休めであり、時間稼ぎ、問題先送りというしかない。北朝鮮に関する中国の事なかれ主義が反映されたものである。北朝鮮との対話が六カ国協議という場によらなければ実現しないというのは、実におかしな話である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-07-15 20:22 | Comments(1)  

『汝の敵、中国を知れ』 発売開始日決定

さて、過日この場を借りてお知らせしますと共に、古川さんよりご推薦頂きました拙著最新刊『汝の敵、中国を知れ』につきまして、本日、正式に発売日が決定しましたので、改めてご案内させて頂きます。

『汝の敵、中国を知れ-知られざる反日国家の顔-』

2005年7月23日 発売開始

と言う訳で、発売開始迄もう暫くお待ち下さい。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

by ayanokouji3 | 2005-07-14 22:04 | 歴史再考 | Comments(0)  

日本人の義務について

昨日、さる政治評論家の講演会に出席した。その中で、台湾の許文龍氏の変節事件につき言及があった。台湾人は中国ビジネスにおけるリスクは承知の上で進出しているのであるが、この事件は、要路者への献金で解決し得ないこともあることを示したものに過ぎない。

講演会で気付いたことは、講演の内容自体よりも、出席者同士のヒソヒソ話に、中国に対する非難と怨嗟があったことである。こうした一般人の考えがマスコミにより誘導されていると称して、「日本の右傾化」と呼ぶ向きもあるようだが、それは見当違いというものである。「日本の右傾化」ではなく、「日本の正常化」なのである。

さて、7月4日の「台灣之聲」にある通り、竹下義朗氏著『汝の敵、中国を知れ』が出版の運びとなったことは、ご同慶に堪えない。2年前であれば、この題名では出版は困難であったかも知れない。

既に日中は思想戦での敵対関係に突入したとも言える。その意味で、今後、社会の各層における親中派の跋扈を許すことによる過ちを二度と繰返してはならない。これは、子孫の将来に対して責任を負う、心ある現代日本人に課せられた義務といえよう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-07-12 21:06 | Comments(0)  

『汝の敵、中国を知れ-知られざる反日国家の顔-』

c0058035_2093072.gif『汝の敵、中国を知れ』 近日発売!!

ISBN4-947737-41-7 C0130 \1350E
四六判・並製
竹下義朗 著/(株)雷韻出版
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-2-22-608
TEL.03-5719-1877 FAX.03-5719-1878

虚構と虚栄に満ちる国家
その陰に隠された非道・・・
あなたの知らない本物の『中国』の姿!


反日デモ、教科書問題、靖国神社参拝反対…
しかし、自国の治安は悪化、格差は広がるばかり…
日本に厳しく自国にあまい中国
2008年北京オリンピックは開催されるのか?
我々、日本にとっての中国の本当の姿とは?

◇ ◇ ◇

拙著最新刊に於いて「中国」と共に、チベット・台湾・満州の各問題も取り上げています。尚、弊ウェブ『帝國電網省』及び、当ブログ『台灣之聲』に掲載しましたコラム「台湾インパクト ── 日本の取るべき針路は日台連携・中国謝絶」も収録していますが、親日台湾人男性お二方より頂いた書簡も合わせてご披露しています。

どうぞ、ご期待下さい。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

by ayanokouji3 | 2005-07-04 20:17 | 歴史再考 | Comments(0)  

日本の脱中国と台湾の対中接近について

今年は、後年、日中関係にとって大きな転換点となった年として位置づけされることになるのは間違いない。

大前研一氏の近著に、脱中国と中・東欧への着目を説いたものがある。同氏は、かつて米国のITビジネスを礼賛し、その後久しく中国ビジネスの成長性を語っていたが、ここに来てようやく欧州に目を転じて来たようである。同氏にしては遅過ぎる「転向」である。

4月の中国各地における反日暴動は、日本にとって米国における「9.11」に等しい政治的意味をもつ大事件であった。これにより、日本の親中的諸勢力は沈黙を強(し)いられることになった。併し、日本経済における中国の存在とその意味は否定することは出来ない。脱中国とは、評論家的表現であり、また精神的な観点からのものである。それは、目先の利いた、逃げ足の速い企業にとっては可能であるが、そうした企業は実際には少なく、最早(もはや)身動きの取れない企業が多いものと推測する。

一方、台湾野党の政治家連による「探親」(帰省)という政治ショーは、与野党の勢力逆転はもたらさなかったものの、台湾政界の対中接近という大きな流れは依然続いている。

日本では中国熱がほぼ冷めたが、台湾では実利中心の動きが続いている。日本ではマスコミにより作り上げられた幻想・妄想に惑わされていたのが今頃になって正気に戻ったのに対し、台湾の方は大陸側の遣り口を熟知した上で、駆け引きの応酬に終始しているように思える。与党の対中政策の方向感が定まらない中、台湾は今のところ、外交巧者であるというべきである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-07-03 20:23 | Comments(0)