人気ブログランキング |

2011年 12月 08日 ( 2 )

 

開戦70周年に思う

 国民が贖罪感を新たにするようにとの願いからか、朝日とNHKの年中行事として、8月と12月に戦争の史実を反芻する記事・番組の提供がある。

 新事実の発見を小出しにしながら、生存者に証言させるその手法は実に綿密であり、敬服に値するものの、洗脳教育の観がある。

 後智恵・評論は中国共産党による抗日教育の延長線上にあり、日本生まれの外国人を立派に育成しても、日本生まれの日本人に即応した内容ではない。

 原発事故と戦争を結びつけるような思い込みは程々にして、朝日とNHKにおいては、明るく前向きな独自の歴史観の構築を切に望む。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2011-12-08 21:23 | Comments(0)  

安倍晋三氏の講演について

 昨6日、永田町の星稜会館で催された安倍晋三氏の講演会に出席した。同氏の体調は完全に恢復(かいふく)し、再登板に向け、非常に意欲的な講演内容であった。

 自民党の凋落は矢張り憲法制定に関する党是を等閑(なおざり)にして、目先の経済・福祉政策の運用に汲々としていたことにあり、今では民主党と然程(さほど)変わりのない体(てい)たらくである。

 安倍氏の再登板の機運が盛り上がるや否(いな)やはさておき、同氏在職中、一時的に日本経済が上向きになったことは確かであり、その実績は肯定出来る。

 国民が失望したのは、マスコミ対策に抜かりがあり、また、政権の終わり方が余りにも呆気(あっけ)なかったことである。再登板が困難であれば、首相経験者として今後も多方面で活躍してほしい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2011-12-08 21:15 | Comments(0)