人気ブログランキング |

2010年 09月 28日 ( 1 )

 

日中の戦略的互恵関係とは?


今回の沖縄・尖閣諸島支那漁船巡視船接触事件に付いて、漁船船長を釈放帰国させた日本では菅総理を筆頭に「日中の戦略的互恵関係」云々と言う台詞(せりふ)が飛び交った。
然(しか)し、この「日中の戦略的互恵関係」に付いて、日本と支那(中国)では捉え方が違う事に菅総理以下日本政府はどうも気付いていない様に思えて仕方無い。

日本側の認識は、「ウィン・ウィン」── 詰まり、日本・支那両国が相互に利益や恩恵を与え合う事であり、対等な立場で共に繁栄する事の意味で捉えている。然し、日本側がそう捉えているからと言って、支那も同じ様に考えているとは限らない。

私見だが、支那の「日中の戦略的互恵関係」に対する認識はこうだ。

一天に二君の必要無し

詰まり、東亜細亜地域(一天)に指導的な大国(君)は二つもいらず、支那が東亜細亜の頂点に君臨する。詰まり、中華朝貢秩序の復興だ。「中華」と言う以上、相対的に周辺諸国は朝貢国・属国の地位に甘んじなければならず、この体制の中では日本も支那の足下に跪(ひざまず)く属国の一つに成り下がる事となる。と言う事は、支那にとっての「日中の戦略的互恵関係」とは、

日本が朝貢国として支那を仰ぎ、支那に従う。
支那は日本の宗主国として、朝貢国日本に恩恵を与える。

国家体制も国家目標も異なる両国は、抑(そもそ)も「対等な立場」での戦略的互恵関係を構築する事はどだい無理な話なのである。その事を充分承知した上で支那と付き合うのであれば良いが、「話せば分かる」的な日本的価値観が通用すると考えているのだとすれば大間違いであり、大局を見誤る事になる。

その事を日本は充分肝に銘じた上で、支那に当たらねばならない。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

by ayanokouji3 | 2010-09-28 22:44 | Comments(7)