人気ブログランキング |

2009年 11月 23日 ( 1 )

 

昨今の所感

事業仕分けの推進やJALのOB年金削減問題の成行等を新聞で読むに、既得権益を犠牲にすることの痛ましさを他人事乍(なが)ら思い遣(や)る次第である。

組織も人間も絶えず前向きな思考を続けていかなければ、「存在意義」と「利」との相克の中で自らを見失ってしまう。

そうした相克を解消するには高い志が必要であり、それは社会への無償奉仕ということに尽きると思う。そうした姿勢が「大御心」に沿うものと信じてやまない。

社会への無償奉仕を実現するためには若い頃からの準備を要する。青少年諸君は須(すべか)らく浪費癖を捨て、勤倹貯蓄に励むべし。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2009-11-23 20:57 | Comments(0)