2008年 08月 01日 ( 1 )

 

内閣改造について-1

このところ、政治が無風状態となっていたが、内閣改造という動きが出て来たのは結構なことである。

誰が大臣に就任しても実態は変わらないし、影響はない。

日本の政治に求めるものが今のところ少ないのは、大きな事件がないからである。

物価高騰や老病者いじめを前面に出した政治・経済評論は、我が身に関わりのないことで、何の説得力もない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2008-08-01 22:37 | Comments(0)