人気ブログランキング |

2008年 05月 23日 ( 1 )

 

「国父の深謀」について-1

田中宇(たなか-さかい)氏の国際ニュース解説(2008年5月23日)で「国父の陰謀深謀」を一読した。マレーシアと台湾の元政治リーダーの目的達成を分析するものである。

「李登輝の長年の目標は、台湾独立を宣言することよりむしろ、台湾に国民党と民進党の二大政党制を実現し、米欧に好まれる民主主義を確立することで、台湾の国家としての存続を可能にすることだったと思える」とあるが、卓越した政治家というのは、将来に対する長期的な正しい見方で目標を実現することよりも、時局の変化に対応して、その時々で最善の判断が出来たか否かにあるのだと思う。

2月の台北で、客家(ハッカ)人からの李氏批判があることに気付いた。李氏に今尚隠然たる力があるためで、これはやむを得ない。

陰謀論にもなにがしかの真理が含まれていることを考えれば、等閑視することは出来ないとは思うものの、無邪気な美談・挿話の羅列とは異なり「一服の清涼剤」たり得ないところに、何となくもどかしさを感ずる次第である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2008-05-23 20:22 | Comments(2)