人気ブログランキング |

2007年 04月 19日 ( 4 )

 

米銃乱射事件について-3

韓国人および在外韓国人にとっては、過去に拘泥することなく現在の問題を見据えよ、という大いなるものからの警告であると思う。

今回事件を契機として、安倍首相訪米の際、慰安婦問題に関する運動を自粛するとのことであるが、そのこと自体は何ら根本的解決とはならない。

韓国は精神作興を図るためには、過去の歴史を客観的に反省し、日本にのみ責任を押しつけるような暗い教育を見直し、再出発すべし。

あの中国共産党でさえ、利害得失を勘案し、日本に対し無気味な微笑外交に転じたのである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-04-19 20:29 | Comments(0)  

米銃乱射事件について-2

日本では長崎市長射殺事件が起こった。

日本社会には、同和・ヤクザ・広義の朝鮮人(韓国人・在日・帰化人)が光の3原色の円の如く、存在している。

3点がセットとなった人物は要注意である。クレームを然るべく処理していなかったのは、行政の落ち度である。

米銃乱射事件と共通するものがある。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-04-19 20:25 | Comments(0)  

米銃乱射事件について-1

先日、朝鮮族の青年と話していたとき、韓国人は器が小さいということが話題となった。中国籍であるからこそ、比較が出来るのである。

犯人の青年は昭和59年生まれというから、小生の子供と同じ歳である。十分判断の出来る年齢である。

韓国人に対する偏見は免れない。小生も日頃韓国人と接するときは、腫れ物にさわるかのように言動に注意している。

米国では、日本人も身辺を警戒した方がよいだろう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-04-19 20:14 | Comments(0)  

台湾現状について

最近、台湾関係のニュースは少なく、インパクトが小さいように思える。

「台湾」名義でのWHO(世界保健機関)加盟申請、オリンピック時の聖火リレーの話題、在中台湾企業の機関設立、民進党総統候補予備選直前の内部対立等である。

中国のオリンピック成功へ向けての内外政策の積極的推進と米国の傍観を前にしては、台湾側の努力も色褪せて見える。

客観的にみれば、世界の一大ニュースとならず、深く潜行しているような現状が幸せなのかも知れない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-04-19 20:09 | Comments(0)