人気ブログランキング |

2007年 01月 29日 ( 1 )

 

商業販売統計について

経産省が29日発表した2006年の商業販売統計(速報)によれば、小売業の販売額が前年比0.2%増で、2年連続のプラスとなったという。

小売業販売額の動向は重要な経済指標の一つである。

小売業販売が好転しないと、経済がよくなったという実感が湧かないのは事実であり、2年連続のプラスというのは先行きの明るさを示している。

日本経済は、質の伴わない急成長をせずとも、横ばい乃至微増で当面推移して行けば、特に異論はない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-01-29 20:11 | Comments(0)