人気ブログランキング |

恩を仇で返された福田総理と日本国

以下の引用は今日、6月4日に配信された二つのニュースだが、諸兄に於いては先ずお読み頂きたい。
北京五輪 首相、開会式出席 米中首脳と会談検討

 政府が8月8日の北京五輪開会式への福田康夫首相の出席を内定したことが3日明らかになった。複数の政府関係者が明らかにした。滞在中、米ブッシュ大統領や中国の胡錦濤国家主席らとの会談を検討している。この問題では、すでに天皇、皇后両陛下をはじめ皇族方の出席見送りが決まっており、中国側が求める元首・首脳級の出席者をだれとするかが焦点だった。首相は、5月の胡主席来日時にも「事情が許せば前向きに検討していく」と、意欲を示していた。
 海外開催の五輪開会式に日本の首相が出席するのは、1988年のソウル五輪の竹下登首相(当時)以来、20年ぶり。北京五輪開会式をめぐって、中国は各国の元首級を招聘(しょうへい)してきた。昨年1月には、日本政府に非公式に皇太子ご夫妻の出席を要請。同年4月、来日した温家宝首相が天皇陛下と会い、「ぜひ、陛下と皇族の方々においでいただきたい」と述べた。だが、外務省も宮内庁も「五輪は政治的イベントであり、皇室の政治利用になる」(外務省幹部)と消極的だった。さらに、今年になって未解決の中国製ギョーザ中毒事件やチベット騒乱もあり、現在では「皇族のご出席はありえない」(政府筋)状況だ。
 一方、福田首相は以前から出席に前向きだった。「皇族以外で中国が満足するのは福田首相しかいない」(政府関係者)との見方もあり、政府内には、「中国に貸しをつくり、いろんな懸案で譲歩を引き出すべきだ」(外務省幹部)と、開会式出席を外交上利用すべきだとの意見もある。しかし、ギョーザ問題やチベット騒乱で及び腰の姿勢が目立つ福田首相の出席には、自民党内から「国民は喜ばないし、世界の笑いものだ」(三役経験者)という厳しい声も出ている。
産経新聞 6月4日8時4分配信


<四川大地震>「感謝しても歴史忘れるな」
異例の「日本ブーム」に“待った”―新華社報道

 2008年6月3日、新華社通信(電子版)は、四川大地震の救援活動を契機に中国国民の間で起こっている「日本ブーム」について報道し、「援助に感謝しても歴史は忘れるな」と日本に手放しで融和的な態度をとることにクギを刺した。
 四川大地震では、日本の国際緊急援助隊が発見した遺体に黙祷する姿が報道されたことで、中国国民の間に「日本に感謝する」との声が巻き起こった。
 新華社配信の記事では、こうした「日本感謝」ブームについて、「日本に対する新しい見方が生まれているようだが、こんな時こそ冷静に」と呼び掛け、「日本人は思ったより『悪くない』という中国人が増えているが、我々が今感じているほど『素晴らしい』とも限らない」と手放しのブームをけん制した。
 さらに、「中国の民衆は、日本の援助に感謝するが、歴史を忘れることはない」と強調。日本の航空自衛隊による救援物資輸送の報道と、その後の派遣見送りについても触れ、「慎重な中国人は理性を取り戻した」と指摘した。
 このほか、日本の中国に対するODAについても言及。日本で「ODAには全く感謝の言葉を発しなかった中国人が、今回の震災でやっと感謝した」との報道があったことや、中国現代国際関係研究所の日本問題専門家、劉軍紅(リウ・ジュンホン)研究員がこれに対し、「ODAは戦争の賠償金だと誤解している中国人が多い」とコメントしたことなどを紹介している。
 今回、政府系メディアである新華社がこうした報道をしたのは、中日関係を重視しながらも、国民が無制限の日本礼賛に流れるのは好ましくない、との政府の意向を反映したものと見られる。(翻訳・編集/NN)
Record China 6月4日12時0分配信

如何(いかが)だったろうか? 産経新聞が8時に福田総理の北京五輪開会式出席のニュースを配信したその4時間後の正午、新華社通信が配信したのが上のニュースである。日本が派遣した国際緊急援助隊にしろ、医療チームにしろ、5月23に5億円、30日に追加で5億円の支援を決定した事にしろ、全て我々日本国民の血税が充てられているのである。にも関わらず、素直に感謝するならいざ知らず、「歴史を忘れるな」・「日本人は思ったより『悪くない』という中国人が増えているが、我々が今感じているほど『素晴らしい』とも限らない」とは、正に恩を仇(あだ)で返す発言。世間は被災国である支那に同情し、人道的見地から支援の手を差し伸べたが、その結果がこれである。厚顔無恥以外の何ものでも無い支那に対して、日本人は随分とあまいものである。

毒入り餃子事件は未だ解決していない。チベット問題も支那側が折れる様子は全く無い。その様な中、起きたのが四川大地震である。未解決問題はこの際置いておいて、先(ま)ずは救済支援をと動いたのが日本なのだが、中共統制下の新華社が配信したニュースがこれでは、北京くんだり迄のこのこと福田総理が出掛けて行った日には、正に世界の笑いものにされるだろう。皇族方の御出席など以(もっ)ての外(ほか)だが、総理が出掛ける事も以ての外。いや、出席表明した処で、どうせ、8月には五輪開催が中止されるのだから、何もわざわざ態度を明確にする必要も無い。中止が正式に発表されるのを待ってから、「いやー、出席する積もりだったのだが誠に残念」位の事を、タヌキ総理には言って貰いたかった・・・いや? その頃迄、福田康夫氏が総理の椅子に座っているのかさえ分かったものでは無い。政治の世界、一寸先は闇である。ひょっとしたら福田総理に代わって、反中親台派領袖が日本国内閣総理大臣のポストに就いているかも知れない。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

by ayanokouji3 | 2008-06-04 23:45 | Comments(0)  

<< 台湾の呼称について 日韓政治状況について >>