人気ブログランキング |

状況認識について

日本の政治・経済共に全体として何となく停滞の感はあるものの、個別にみれば暗い材料ばかりではない。

悲観論者は過去の栄光に生き、楽観論者は未来を明るく描き過ぎる傾向がある。

また、同じ思想の者ばかりが社会に存在している訳ではないことを達観すれば、今のままで既に十分という思いもある。

各自、己の置かれた状況を如何に見るかである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2008-01-21 18:59 | Comments(0)  

<< 世界同時株安について 李登輝氏の動静について >>