人気ブログランキング |

台湾統一と領土問題について

昨夕、中国人の一青年に陳総統女婿のインサイダー取引事件の2審判決のことを伝えたところ、興味を示していた。

彼によれば、李登輝氏の日本での活動に我慢がならないという。台湾統一を悲願とする教育を受けた者にとっては、李氏は蛇蠍視すべき人物であることは間違いない。

これに比べれば、日本が抱える領土問題についての教育は微温的であり、過去のことは水に流す日本ならではのものである。

何事にも熱意が肝心であるが、歴史問題に血道をあげる中韓政府に無理に付き合わされる両国民に比べれば、日本国民は多少は幸せというべきか。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-06-27 21:34 | Comments(0)  

<< 日本社会について 第2期日韓歴史共同研究について-4 >>