人気ブログランキング |

産経抄に思う

6月5日付産経新聞朝刊の産経抄に、
(李登輝氏の)訪日のたびに横やりを入れてきた中国政府は今回なぜかおとなしい
とあった。

以前が異常な状態で、今回があるべき姿なのである。

更に、台湾総統が自由に訪日し、日本の首相が自由に訪台することが出来るようになることが最も望ましい。

中国政府が統一の妨げになるといって、日台両政府に様々な圧力をかけ続ける限り、中国の自信のなさを印象づけるものであり、北京五輪の十全な形での成功は期し難い。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-06-05 19:48 | Comments(0)  

<< 「崩れたコミュニティー」について IT社会について >>