人気ブログランキング |

深川に 芭蕉を慕ひ来 夏の夢

これは、訪日中の李登輝・前台湾総統の俳句です。
李登輝氏、上機嫌で俳句 中国は訪日に「強烈な不満」

2007年05月31日18時56分

 中国外務省の姜瑜副報道局長は31日の定例会見で、台湾の李登輝前総統が訪日したことについて「目的は台湾独立を勢いづかせ、中日関係を破壊することだ」と改めて批判し、「日本政府が李登輝の訪日活動を許したことに強い不満を表明する」と語った。

 李氏が靖国神社参拝に意欲を見せていることについて直接の言及は避けたが、「歴史問題と台湾問題の適切な処理のための実際の行動」を示すよう日本側に求めた。

 一方、李登輝・台湾前総統(84)は31日、東京都江東区の松尾芭蕉旧居跡と同区芭蕉記念館を訪れた。「深川に 芭蕉を慕ひ来 夏の夢」。この日のために作った俳句を披露して上機嫌だった。

 植民地時代の台湾で日本人の中学教師から俳句を教わって以来、芭蕉の「奥の細道」を愛読してきた李氏は「日本文化の良さは、秩序と情緒と形式があって非常に自然とうまく調和している。今回の旅でもっと勉強したい」と話した。

 靖国神社への参拝については「兄をまつっている。60年間、行っていない。あなたならどうするか」と質問した記者に聞き返したが、行くかどうかは明言を避けた。

元記事:http://www.asahi.com/international/update/0531/TKY200705310273.html

支那の外圧に屈する事無く、今回、日本が李氏の訪日を受け入れた事は何よりです。

李氏は台湾の前総統(「総統」は英語では「President」。詰まり、前総統とは前大統領)── 国家元首 ── であった訳ですし、ましてや北鮮の金正日が如き犯罪者では無いのですから、本来、何の制約も設ける事無く無条件に訪日を許可す可きです。それが、親日家にして、隣国の国家元首経験者に対する儀礼と言うものです。

抑も、李氏は青春時代を「日本人」として過ごし、実兄を大東亜戦争で戦死と言う形で失った経歴を持つ人物です。その李氏が、実兄を英霊として祀る靖国神社への参拝を希望している事は、ごくごく自然な事であり、安倍総理をして「私人として当然信仰の自由がある。日本は自由な国だ。その中でご本人が判断されることだ」と言わしめたのも、当然と言えば当然の事です。これから実際に李氏が靖国神社への参拝を果たすか否かは分かりませんが、参拝しようが、しまいが、それは李氏自身が判断す可き事であって、中共の支那がとやかく口を挟む可き問題では全くありません。寧ろ、支那は今後、靖国神社に関する発言を一切す可きではありませんし、万が一、続く様であるならば、日本は日本として「内政干渉である」と一蹴す可きでしょう。

台湾では、与野党共々、次期総統選に向けて様々な動きがありますが、与野党どちらの候補が勝利しよう共、台湾公民の期待を裏切る事無き様、又、隣国である日本との関係強化を推進する様、希望して止みません。

何れにせよ、離日する来月9日迄、李氏の動向に目が離せませんが、同氏の日本滞在に関し、支那が騒ぎ立ててれば、騒ぎ立てる程、国際社会の台湾に対する注目・関心が高まる訳で、決してプラスになりこそすれ、マイナスにはならないでしょう。その意味では、私個人としては余り好ましいとは思いませんが・・・支那が台湾問題をより一層騒ぎ立てる方が、台湾と言う独立主権国家の存在を内外にアピール出来る訳で、支那にはもっともっと頑張ってもらいたいですね(苦笑)

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

by ayanokouji3 | 2007-05-31 23:25 | Comments(0)  

<< 李登輝氏の講演について 李登輝氏訪日について >>