人気ブログランキング |

光華寮事件について

1月24日に、光華寮事件が、最高裁で双方の主張を確認する「釈明」の手続きに入ったという記事の紹介をした。

本日、最高裁は京都地裁に差し戻すという判断を下したという。

長期に亙る係争であるだけに、中国と台湾の意地と面子を思い知る。

中国の微笑外交の前になす術(すべ)なしとなれば、実に情けないことである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-03-27 20:13 | Comments(0)  

<< 拉致問題再考 現政権発足半年に思う >>