人気ブログランキング |

親台湾派議員による連盟について

日経新聞に、自民党の親台湾派議員約20名が4月下旬の首相訪米に先立ち、「民主主義、市場経済の価値観を共有する国・地域との連携」を掲げる議員連盟を結成する、という記事を見出した。

米国やアセアンに加え、台湾との関係強化を訴えるというものだが、本来、台湾との関係は殊更強調する必要もない。

中国は五輪優先で、他国との間で波風が立たぬように十分配慮している模様である。

日本の行き過ぎた対中柔軟路線に一定の歯止めをかけるための働きを期待したい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-03-25 19:41 | Comments(0)  

<< 仏大統領選挙について 代理出産・再婚制限規定について >>