人気ブログランキング |

政治家の発言について

日曜日の地方選挙は与野党一勝一敗の痛み分けとなり、厚労相の辞任論は一服した。

政治家は人気商売である。当面は「物言えば唇寒し」で、当面は沈黙を守るしかない。

ところで、外相も米国のイラク政策についての「幼稚」発言というものがあったという。問題発言のオンパレードである。

大人気ない「発言」はもう十分であるし、一々取り上げるのも同様である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-02-05 20:03 | Comments(2)  

Commented by 古川 宏 at 2007-02-05 21:59 x
「発言」に目くじら立てるような反発は自信がないことの裏返しとも言える。自信があれば何を言われても意に介さないものである。戦後62年、男女不平等・米国追従は厳然たる事実にもかかわらず、それを認めたくないという鬱屈した気持ちも解らない訳ではない。
Commented at 2008-11-21 20:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 石破氏の久間発言批判について(2) 石破氏の久間発言批判について >>