人気ブログランキング |

道徳の崩壊について

新聞を読むと、事件・事故・トラブルから世相を評した記事や投稿が多いが、分析のみで対策が記されていないことが多いのに気付く。

道徳が崩壊した、昔はこうではなかったとむやみやたらに世相を嘆くマスコミも人も、最早時代後れである。

事件・事故・トラブルを防止するシステムを地域社会で整えない限り、それらは根絶出来ない。

小生、時代後れとならぬよう、ある卑近なことにつき、このことを肝に銘じて日々実践に努めている。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-01-12 15:13 | Comments(1)  

Commented by 古川 宏 at 2007-01-13 19:57 x
台湾新幹線で備え付けのヘッドフォン2000個が持ち去られたとのことであるが、性善説に立ち、対策を練っていなかったためであろう。道徳などは崩壊云々を論ずる前に、取り立てて口に出すべきものではないと諦観すべきである。

<< 移民政策について 胡主席の「精神訓話」について >>