人気ブログランキング |

今年のアジア情勢について

今年は日本では参議院選挙があるが、自民対民主の対立構図というよりも、自民内部の抗争激化というシナリオの方が現実味を帯びている。

台湾では来年の総統選を控え、与野党の駆引が一層活発になるだろうが、程ほどにしてもらいたい。

韓国では今年の大統領選に絡み、北朝鮮側に立つ一派の悪あがきが予想される。

そして、中国では来年のオリンピックを控え、内外の問題をなるべく穏便に済ませたいという表面のポーズの下にしたたかな「戦術」が見え隠れする年となるのではないか。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2007-01-04 20:01 | Comments(1)  

Commented by 古川 宏 at 2007-01-04 22:35 x
アジア情勢では、ほかにタイの内紛絡みの事件が気になる。また、アジアではないが、フセインの処刑は一神教の国家・国民間の怨念の所産として、年末にあっけなく実行された。油がなければ、日本は中東に触れないのが上策であるが、結果として、イラク派兵は防衛省昇格の一因となった。一長一短である。

<< 中国の取材規制緩和について 平成十九年を迎えるにあたり >>