人気ブログランキング |

環境問題について-1

昨日、旭硝子財団のブループラネット賞の記念講演会に行って来た。

横浜国立大名誉教授の宮脇昭氏(78歳)の講演では、防災・環境保全林の必要性に触れていた。

万里の長城周辺への植樹プロジェクトの責任者をつとめた同氏の目からみて、中国での環境に対する意識は、徐々に変わって来ており、高速道路沿いに幼苗を植える森づくりをも実践するようになって来ているという。

環境問題に取組むには確かに高い志がなければならない。

(補記)
数年前、旧満州国の団体も各種の中国環境問題への取組・斡旋により、中国側より感謝されていたが、内実は親切の押し売りの面もあったことを記憶している。併し、高い志の前には、そのようなことはさしたることではない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2006-11-17 12:34 | Comments(0)  

<< 環境問題について-2 台湾関連報道の「明」と「暗」 >>