人気ブログランキング |

歴史認識と格差社会について-1

「東京裁判」の是非は別にして、『日本国民自身による、戦争責任明確化の裁判が行なわれていない』ことにこそ、国民の中に『歴史認識』が一様ではない原因がある」といったような論をよく見掛ける。

果たしてそうなのか。

「日本国民自身による、戦争責任明確化の裁判が行なわれていない」のではない。

「日本国民自身による、戦争責任明確化の裁判を行なうことが出来なかった」のが事実であり、そしてそれは未来永劫出来ないことであろう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2006-09-29 19:47 | Comments(0)  

<< 日據時代的台灣-36 日據時代的台灣-35 >>