人気ブログランキング |

農林水産副大臣の訪台について

農林水産副大臣が先月15~17日、非公式に台湾を訪れ、総統・行政院長他と尖閣、漁業関係について協議していたことが明らかになった。

今後、政府高官の訪台を非公式なもので事後の報道とせず、公式なものとし、事前公表した上で訪台すべきである。

日中共同声明や村山談話等の今日的意味のない「古証文」は今後、時局の転変に応じて弾力的な解釈を行ない、なし崩し的に葬り去る位の覚悟を持つことが為政者に求められる。

過去の為政者には「あつものに懲りてなますを吹く」が如き多くの外交上の失策があった。「政経分離」には大いに期待出来る。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2006-09-12 19:43 | Comments(0)  

<< 日據時代的台灣-17 司馬遼太郎『項羽と劉邦』について-2 >>