人気ブログランキング |

米軍グアム演習について

5月4日の本欄で「来月には米軍がグアム周辺で中国牽制目的の演習を予定しているという報道があった。」、また同15日の(補記)で「来月のグアム演習に米国はオブザーバーとして中国を招待しているが、中国側は未回答だという。」と記した。

朝日新聞によれば、グアム演習は6月19-23日に、参加総人員2万2千名で行われ、中国はオブザーバーとして参加したという。

本来中国牽制目的の演習とはいえ、北朝鮮もオブザーバーとして参加させるべきであった。

米軍の迎撃ミサイルが本当に役に立つのかについては、演習ではなく、北朝鮮のミサイルで実際に検証せざるを得ないことであろう。尤も、その前に「戦わずして勝つ」のが上策ではあるが。

(補記)
米国側は、「返礼」として中国の軍事演習へのオブザーバー参加を認めるよう求めて行くという。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2006-06-24 19:57 | Comments(0)  

<< 台湾発の芸能について 輿論調査について >>