中台統一について

 7月14日の東京新聞朝刊に、13日に習近平氏が連戦氏と会談した記事が載っていた。

 連戦氏は「朝鮮半島情勢の好転を引き合いに、中台関係の手詰まり状態を指摘した」とある。

 中国という大国の懐の深さを示すには、台湾の呼称が「中国台湾省」であれ「チャイニーズタイペイ」であれ、台湾という実質的な独立国家を認めて良い頃合と思われる。

 それこそが中国の内政の安定と国際的威信の確立を内外に示すものである。「終身」国家主席の習近平氏の任期中に実現することを期待する。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2018-07-15 21:36 | Comments(4)  

Commented by syoutoku7 at 2018-07-16 11:02
 それが、古川。お前の本性だ。
 台湾が、中国の一地域であることが既成事実化すれば、遅からず台湾は、中国に併呑されるだろう。その事実を知りながら、訳知り顔で、いかにも正論っぽく邪説を唱える。お前は、悪魔だ。
 おまえが主の御名によって、聖霊に裁かれるように。アーメン。
Commented by ayanokouji3 at 2018-07-28 20:41
アーメンではない。莫迦めが。
Commented by syoutoku7 at 2018-07-30 13:36
 この世でも、来るべきよでも、断じて赦されることはない。ダビデ王に莫迦と言ったのだからな。おまえは、もう手遅れだ。
 その時が来るのが楽しみだ。竹田義朗のほうはどうしたんだ。古川おまえには用はない。
 これを読んでから、返答せよ。https://blogs.yahoo.co.jp/yamazakitaneko
Commented by ayanokouji3 at 2018-07-30 22:00
まともに取り合うつもりは毛頭無い。次にコメントしてきても削除するだけの事。二度と現れぬが良い。

<< 戦争の評価について 日朝関係について >>