中台の「政冷経冷」について

 5月21日の日経新聞朝刊に、中台「政冷経冷」長期化へ、という見出しの記事があった。

 日中間にも嘗(かつ)て「政冷経熱」と言われた頃があった。政治と経済とは基本的には相関・比例関係にあり、「政冷経冷」の状況が普通である。

 問題はその状況が長期化するか否(いな)かであるが、今のところ、中国による台湾工作は「笛吹けど踊らず」、民意は親中にあらざるが如し。

 過去の経緯を踏まえれば、台湾にとって「政冷経冷」は不都合な選択肢ではない。蔡政権に対する評価は後日高まる筈である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2018-05-28 13:36 | Comments(0)  

<< 日台交流について(台北在住李叔... 御真影を拝して >>