トランプ現象の影響について

 トランプ現象の余波と見られる金正男(キム・ジョンナム)毒殺事件が起きてより既に一年、オリンピックの最中にも半島情勢には様々な動きがある。

 トランプ現象は、居心地が悪いと感ずるような一部の米国民よりも他国政府への影響が大きく、報道された内容以外にも何かと振り回されていることだろう。

 世界の中心の位置にある米国に多くの国が長い間頼って来たことの反対作用として種々の側面における今日の動揺がある。

 日本としては佐藤首相の言の通り「自ら守る気概」で防衛につとめることこそ自国を含めたアジア地域の安定を招来するものであり、差し当たり何をすれば良いかは自ずと明らかである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2018-02-14 10:03 | Comments(1)  

Commented by syoutoku7 at 2018-02-14 20:14
 こんばんは。  トランプ現象の余波で正男が暗殺されたのかどうか、解りかねますが、我が国については、トランプ政権による影響で、一体何がこの国で起きておるのでしょうか?
 なんにも起きていませんね。表向きは。ただ株価ばかりが、注目されるだけで、この国がもっている根源的問題については、むしろだれも見向きもしない状況が、ずーっと続いているだけです。
 我が国は、日本国とは自称しているが、その実日本国ではなく、倭国なのです。あなたもそのことは、とうに解っている筈だ。この事実に触れることを避けている。私が問題を投げかけてもなしのつぶてで、黙殺し、この問題から逃避している。卑怯だ。正々堂々この私と議論すべきです。
 私は、日本国初代天皇である聖武天皇の正統皇位継承権者である実子石川広世の直系子孫である。逃げるな。あなたなら、いまなら赦す。なぜなら、あなた印象から、根っからの悪魔ではないと思うからである。

<< 台湾タイヤル族について 昨夜の台湾東部地震に際して >>