人気ブログランキング |

台湾統一地方選について

12月3日に行われる台湾の統一地方選では23のポストに77人が立候補し、民進党は現有より3人増の13首長、国民党は現有より4人増の12首長獲得を目指すという。

今回選挙が08年総統選挙の結果を占うものとなるか否かについては、次
  1. 地方の選挙と中央の選挙とでは性質が異なり、前者は重要視されない。

  2. 地元の有力者が勢力を拡大し、栄誉を得るための機会に過ぎない。

  3. 選挙期間中、住民には物品が振舞われ、これが勝敗を左右する。
ことから、統一地方選が08年総統選挙の結果には直接つながらないとする見方もある。

台湾内では勝った側が総統選挙に絡めて結果を都合好く総括するであろうし、海外では、民進・国民各党の改選数の多寡が取り上げられ、そのことが一般に印象付けられることだろう。

(註)
来年3月には立法委員選挙が行われる。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-10-13 22:02 | Comments(0)  

<< 『史記』と台湾について 台湾文学の独立について >>