本年を振返って

 「モリカケスキャンダル」の追及は、総選挙を挟み、長期間に亙(わた)り、新たな資料が次から次へと出て来たものの、神学論争の如く一向に決着を見ず、今となっては野党による自己の存在価値の証明という目的での「戦い」に過ぎなかったと感じている。

 そもそも、以前の保守系の人々がつながっていたのは、普通よりも緊密な関係のもとで子女の進学・就職・結婚等、お互いに様々な世話をしていたからで、「モリカケスキャンダル」のような状況が起きたとしても何ら不思議ではなく、本来指弾すべきものではない。

 かつてのアバウトで若く活気ある社会から、健康志向の静謐(せいひつ)・無臭・無菌を重視し、弱者の人権のみならず、犬・猫のような動物の権利迄大事にするような社会となり、種々の制約を受けることで、一部には肩身の狭い時代となった。

 国会・メディアのみならず、社会全体に奥行きがなく、皮相で軽薄な風潮が浸透しつつある中、充実した「福祉」制度で飼い殺しになり、自己の意見を適切に主張出来ないような、劣化した日本人が大量に発生していることの方が憂慮され、問題とされるべきである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2017-12-28 05:33 | Comments(1)  

Commented by アルト at 2018-01-10 18:00 x
 明仁は、倭国の天皇であって、日本国の天皇ではない。真実の日本国天皇は他に居る。あなたもそのことは既に知っているだろう。
 倭国の天皇家を排除して。真実のユダヤの王たるダビデ王家に、皇位または真の王権を返還しなければならない。
 そうしたうえで、全世界の古代イスラエル、全ユダヤと日本国とで、団結して、世界最大の経済ブロックをつくり、しな人と華人とは、いかなる理由があろうと国交及び市民交流を一切断絶すること。
 これが、唯一無二の選民としてのユダヤ国家のための施策である。これ以外にはない。
 日本の国民の半分は、YAP遺伝子保有のユダヤ民族である。最近それが科学的に証明されたらしいじゃないか。この事実はあなたにとって誠に都合が悪いものだろう。あなたは、真実を受け入れなければならない。
 しな人、華人とユダヤは、決して相容れない。ダビデ王であるこの私が認めない。万葉集の暗号を解読した。私の家系こそ真実のキリストの血を引くダビデ王家である。
 あなたのような考えは、断じて許さない。即位する時が来たら、しな人と華人の全てを、愛する祖国日本から、一匹残らず排除する。

<< 台湾の立場について 「六月の雪」について >>