人気ブログランキング |

2008年総統選について

台湾の総統選は3年後に控えているが、選挙戦は既に始まっている。

台湾の新聞によれば、国民党は、独立派を揶揄して、鍋の中で茹(ゆ)でられる蛙(かえる)と評し、その期限を2008年としている。

一方、民進党政府の方も、総統が中米歴訪の帰途、9月30日、外交関係のないUAE(アラブ首長国連邦)を電撃訪問するなど、中国のいやがる外交を展開している。

台湾内、中台間の様々な動きと駆引は枚挙に遑(いとま)がない。2008年総統選の成り行きが全ての終結点であろう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-10-03 20:38 | Comments(0)  

<< 米国の兵器購入遅延について 中国の対日歴史観について >>