人気ブログランキング |

『産経新聞』と『朝日新聞』について

日本の新聞についていえば、『読売』は俗っぽく、『毎日』は書生論的潔癖さに過ぎ、『日経』は「論語読みの論語知らず」ならぬ経済音痴であり、『東京』は取るに足らない。『産経』と『朝日』の対比で十分である。

さて、9月23日の両紙の読者投稿欄の冒頭は対照的であった。
『産経』 女性、主婦、49歳
     「意義深い『国民の自衛官』表彰」
『朝日』 女性、無職、74歳
     「武装自衛隊が街を行進とは」
前者は、東京都千代田区の「第4回国民の自衛官」表彰式(9月14日)に元自衛官の父親と共に出席した所感であり、後者は、長崎市佐世保市の商店街で陸上自衛隊員が武装して行進したことに懸念を示したものである。

以上、ご紹介するに止めておきたい。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-10-01 19:13 | Comments(0)  

<< 中国の対日歴史観について 中国の中南米進出について >>