人気ブログランキング |

政治家について

昨今の政治状況の下(もと)、国会議員が良い意味では国事に奔走し、悪い意味では「群蠅逐腥羶」(ぐんようせいせんをおう)の観あるとき、政治家はやくざ、芸人と同じレベルの異能者であることを痛感する。まともな人は政治家になるのは無理である。

ところで、中央官庁の官僚に政治家志望者が多い理由は、事務方として何時(いつ)までも政治家連中の頤使(いし)に甘んずることをよしとせず、自立したいという希望からであり、権力への渇仰からでもある。

併(しか)し、政治家の殆(ほとん)どはその背後に党の派閥や利益団体等の「興行主」がいて操られているに過ぎないという境遇の下、官僚であり続けた方が幸せであったという人もいることだろう。

人気商売に向いていない人達や、狷介(けんかい)で知的過ぎる人達は、政治家は志望せず、大学教授への道が一番である。転身後、待遇面でプロパーの学者に差をつけられたとしても、外部からは判らないのである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-08-07 19:30 | Comments(0)  

<< 陳総統発言 「中華民国は台湾」 石原都知事エッセイに思う >>