人気ブログランキング |

「神韻」について

 4月19日に上野の東京文化会館の大ホールで開催された、法輪功による中国古典舞踊・音楽の芸術公演「神韻」を鑑賞した。

 古代舞踊にCG映像を駆使した演出と宗教色を伴ったソプラノの歌詞は、前評判に違わず、非常に印象深いものであった。

 法輪功は大紀元時報を通じて率直に中国の現状を伝えており、その分析は正鵠を得ている。

 中国の将来を憂慮する日本人も在外の中国人の間の自発的な「復興」の動きを実見すれば、中国に対する考え方も改まることだろう。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2015-04-27 16:34 | Comments(0)  

<< 世界文化遺産について アジアインフラ投資銀行について >>