人気ブログランキング |

台湾 あす国民党主席選 政権奪回へ一騎打ち 王氏と馬氏 省籍選択も焦点に

【台北=河崎真澄】台湾の最大野党、中国国民党の主席(党首)選挙が十六日に行われ、即日開票される。王金平立法院長(64)と馬英九台北市長(55)の二人の副主席の一騎打ち。台湾メディアの調査では馬氏がリードしている。国民党は五年前の総統選で下野しており、両候補とも二〇〇八年の次期総統選での政権奪回を旗印に掲げる。約百三万人の党員による事実上の総統選候補選びとなるほか、今後の中台関係にもかかわる選挙として注目される。

 四月から五月にかけて訪中し、中国共産党と六十年ぶりとなる「国共会談」を実現させた連戦主席(68)の退任に伴う選挙だが、複数の候補者を党員が直接投票によって選ぶ主席選出は、革命家の孫文が組織した前身を含め九十年以上の歴史をもつ国民党でも初めて。

 次期主席は〇八年の総統選での党候補者に指名される可能性が高く、党員のみならず、台湾住民の関心を集めている。

 長年にわたって立法委員(国会議員)の座にある王氏は、前総統の李登輝氏との関係も深く、「台湾本土化」路線も打ち出している。甘いマスクと行動力で若者に人気の馬氏は世代交代による「党改革」を訴え、中国との五十年間の和平協定締結も唱えている。

 しかし連主席の路線継承をうたう二人の主張に大きな隔たりはなく、台湾南部の高雄出身である本省人(台湾籍)の王氏か、国民党エリートの外省人(中国大陸籍)二世の馬氏か、という省籍の選択が焦点の一つになっている。本省系を地盤とする王氏の陣営は、「国民党員の40%は外省系だが、台湾有権者の80%以上は本省系で、総統選で勝てる主席は王氏だ」と強調し、政権奪回のための主席選との認識だ。

 馬氏も本省系に配慮して、「国民党が外省党に後戻りすることはありえない」との発言を繰り返している。ただ、ケーブル局「TVBS」テレビの最新調査では、無作為に抽出した国民党員百十人の支持率が馬氏が52%と、王氏の18%を大きく引き離している。同調査は両候補によるテレビ討論で馬氏が支持を得たと分析している。


靖国英雄 YASUKUNI Hideo

by ayanokouji3 | 2005-07-16 20:07 | Comments(0)  

<< 国民党の党主席選挙について 台湾海峡紛争に介入なら核使用も... >>