人気ブログランキング |

拙詠七首

竹下氏講演

 過ぎし日に しひたげられしうらみもて ひがめを今に 残すからびと
 (註-唐人・韓人)


日中・日韓関係

 からびとに 求むることのなかりせば 我がくにたみも 安からましを
 (註-求むるの主語は我がくにたみ・からびと)

 からびとの をしへにまことありやなしや いかでしるべき 過ぎし世のこと


某韓国人プロテスタント教会
 (註-信徒には漢族・朝鮮族もあり)

 ひのもとは やほよろづの神 さはにいます いえすにならへ いえすがともは

 しんけうの をしへのほかにをしへなき かみのしもべの 道は遠かり

 けはひして つまさきかろし しんけうの をしへのにはに 集ふ乙女ら

 からびとに ただしきをしへあたふるを 易しとやせむ 外つ国のかみ
 (註-外つ国のかみとは、からびと自身である)

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2013-11-28 21:56 | Comments(0)  

<< 丹羽宇一郎氏の講演会について 日韓・日中・日露・日米関係について >>