人気ブログランキング |

BSフジ討論番組について

 昨15日の終戦記念日、午後8時のBSフジ番組「プライムニュース」のテーマは「若者たちに聞く戦争観」で、男女キャスターと若者3名による討論を楽しみにしていた。

 慶應女子学生の発言で、韓国人から歴史の知識の不足を指摘された彼女の女友達が泣き出したという、良くある話は愛敬があるとしても、男性キャスターが韓国を戦勝国と平然と言うあたりになると大丈夫かという感じになった(CM後、そうではないと訂正)。

 その後、外国から侵略を受けた場合の対応について、28歳の研究者から、逃げて行くとか、国よりも会社の方が大事といった発言が出て、ただ驚いてしまった。かかる人を討論に参加させた番組制作者の意向が判らない。

 フジテレビの体たらくはかくの如きか。TBSやテレビ朝日の方がまだましである。後味の悪い終戦記念日の夜であった。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2013-08-16 20:01 | Comments(0)  

<< 在日中国人の感覚について 大紀元時報記事について >>