大紀元時報記事について

 『大紀元時報』中文版(8月7日号)が届いたので、早速読んでみると、台湾関係では、台湾の内政部長李鴻源氏が古屋防災相と会ったという記事と、今年10月11日に愛媛県松山空港と台北松山空港との直行便が実現するという記事が目についた。

 日本の大手新聞に台湾関係の記事が少ないのは、他国の記事が多いからか、中国に気兼ねしているのかは知らぬが、日台関係の記事は多ければ多い程良い。

 ところで、大紀元時報の中国関係記事の内容は正に佳境に入って来たような趣がある。

 尖閣をめぐる日中の攻防ひとつをとっても、中国政府上層部内の権力闘争の激化を反映しているように思われる。今後も大紀元時報の率直な報道姿勢に期待している。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2013-08-08 21:43 | Comments(0)  

<< BSフジ討論番組について 「山本頭」について >>