人気ブログランキング |

尖閣諸島の所属について

この数年来、特にこのところ、遅ればせながらも、漸く一部の日本人が領土問題に目覚めて来たのは、好ましい現象である。尖閣諸島の所属について、様々な資料が取上げているので、今更説明を要しないが、サンフランシスコ条約の当該部分につき、台湾よりメールしていただいたので、この際掲載しておきたい。諸彦にとって英語の勉強とならば、幸いである。

Have you checked the following article of San Francisco Peace Treaty if Nansei Shoto south of 29deg. north latitude (including the Ryukyu Islands and the Daito Islands), which 尖閣諸島 are included in the interpretation ?

Article 3

Japan will concur in any proposal of the United States to the United Nations to place under its trusteeship system, with the United States as the sole administering authority, Nansei Shoto south of 29deg. north latitude (including the Ryukyu Islands and the Daito Islands), Nanpo Shoto south of Sofu Gan (including the Bonin Islands, Rosario Island and the Volcano Islands) and Parece Vela and Marcus Island. Pending the making of such a proposal and affirmative action thereon, the United States will have the right to exercise all and any powers of administration, legislation and jurisdiction over the territory and inhabitants of these islands, including their territorial waters.

(和文)
第三条【信託統治】
日本国は、北緯二十九度以南の南西諸島(琉球諸島及び大東諸島を含む)、孀婦岩の南の南方諸島(小笠原群島、西之島及び火山列島を含む。)並びに沖の鳥島及び南鳥島を合衆国を唯一の施政権者とする信託統治制度の下におくこととする国際連合に対する合衆国のいかなる提案にも同意する。このような提案が行われ且つ可決されるまで、合衆国は、領水を含むこれらの諸島の領域及び住民に対して、行政、立法及び司法上の権力の全部及び一部を行使する権利を有するものとする。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-05-08 21:03 | Comments(0)  

<< 尖閣諸島の所属について-2 日台意志疎通の具について >>