人気ブログランキング |

開戦70周年に思う

 国民が贖罪感を新たにするようにとの願いからか、朝日とNHKの年中行事として、8月と12月に戦争の史実を反芻する記事・番組の提供がある。

 新事実の発見を小出しにしながら、生存者に証言させるその手法は実に綿密であり、敬服に値するものの、洗脳教育の観がある。

 後智恵・評論は中国共産党による抗日教育の延長線上にあり、日本生まれの外国人を立派に育成しても、日本生まれの日本人に即応した内容ではない。

 原発事故と戦争を結びつけるような思い込みは程々にして、朝日とNHKにおいては、明るく前向きな独自の歴史観の構築を切に望む。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2011-12-08 21:23 | Comments(0)  

<< 台湾よりのメールについて 安倍晋三氏の講演について >>