人気ブログランキング |

自民党の宿命について

 自民党が改憲を前面に打ち出さず、目先のことで四苦八苦しているうちに、政権交代が起きた。

 自民党の幹部の人相は悪く、危うさを感じさせる。精神的に喪家の狗の如し。

 野党としての存在価値がなければ、民主党解体の折に党名変更、出直すの道以外ないのかも知れぬ。

 それが自民党の宿命と可謂乎(いうべきか)。合掌。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2011-09-05 22:10 | Comments(0)  

<< 日経記事について-1 野田氏の使命について >>