人気ブログランキング |

日米共通戦略目標について

 ベトナムの異議申立に一定の効果があったようで、21日に発表された日米共通戦略目標に対し、中国政府が強い不快感を日本側に伝えていたと28日に明らかになったという。

 米国は「腐っても鯛」、日本はその御威光に従って、唯々諾々、共同歩調をとるしか道はない。台湾問題の明記も日本側の主導によるものとは思われない。

 南シナ海情勢もさることながら、台湾問題が全ての鍵となっている。その延長線上に沖縄への働き掛けがあり、その先にガス田・尖閣問題がある。

 ガス田問題は棚上げ、尖閣沖衝突事件については、28日、那覇地検が船長を再度不起訴とした。日本の外交に戦略は無理という愚痴は止めて、今後の推移を見守るのみ。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2011-06-30 07:05 | Comments(0)  

<< 李登輝氏の起訴について 北京当局の統制強化について >>