人気ブログランキング |

御意見番の御意見について

 大震災より既に3ヶ月、文藝春秋7月号には、中曽根氏の「菅直人君に引導を渡す」という寄稿と、半藤一利・保坂正康氏ほかの「戦艦大和と福島原発」という座談記事がある。非常に面白い。

 何故に面白いかといえば、成程と納得する観点・経験を有する政界や歴史評論分野での御意見番の御意見であり、重みがあるからである。

 当局者が御意見番の御意見を十分咀嚼し、実地適用することが出来れば、状況の改善は可能な筈であるが、如何せん、今のところ、玄人・素人を問わず、外野席の人々が彼此言いなし、愚痴の繰返しとなっている。

 最近は愚痴の繰返しを読み聞きすることが却って心地良さを感ずる一般の雰囲気となっている。これ即ち大和民族本来の美風であろうか、将又、輸入した韓民族の痼疾を普及せしめた結果であろうか。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2011-06-12 21:09 | Comments(0)  

<< 沖縄の自己主張について 外国人の若者について-3 >>