人気ブログランキング |

中国への対応について

最近の抗日運動は無気味である。共産党政府がこれを制御出来ないとなると、無法地帯が中国の中に生ずることになる。治安の悪化は外国人にとって居住不適確な場所ということを意味する。これに対応する諸策は如何。

企業としては、
  • 社員家族の一時帰国

  • 進行中プロジェクトの見直し

  • 不採算部門の早期撤退

  • 損失引当金計上

国としては、
  • 自衛隊機現地派遣の検討

  • 北京オリンピック参加の取り止め示唆

  • 日本在住不良中国人の放逐(公明党担当)

主要国家としては、

  • 北京オリンピックの共同管理下開催の検討(提議すべき)

  • 内乱の際の共同出兵の検討(極秘裡)

  • 共産党に代わる政権構想の検討(国外運動家との接触)

備えあれば憂いなし、準備するに越したことはない。米国関係機関では検討に入っていることであろう。日本政界では郵政民営化で「開国派」と「攘夷派」が反目しているようであるが、それは程々にして、日本も国として「中国行きのバス」に乗り遅れることのなきよう策を練っておくべきである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2005-04-10 20:25 | Comments(0)  

<< 台湾の国連加入と朝鮮半島について イラク戦争を振り返る-3 >>