人気ブログランキング |

2月22日

今日、2月22日は「2」が続く事から、「双子の日」や「猫の日」(「ニャン、ニャン、ニャン」で)等と言われる。然(しか)し、これらは飽くまでも語呂合わせに過ぎない。そんな中、唯一、今日の日付に明確な意味がある記念日がある。それは、島根県が独自に制定した「竹島の日」だ。

時は明治38(1905)年2月22日。この日、日本海に浮かぶ「竹島」(註釈別途参照の事)を島根県の所管とする日本政府の閣議決定に基づき同県が告示した。これに基づき、戦後、韓国によって侵略され、現在も軍事占領下にある竹島に対する日本の主権及び島根県の管轄権を喚起する目的で、平成17(2005)年、島根県が「竹島の日を定める条例」に基づき定めた記念日、それが「竹島の日」だ。

扨、既に諸兄も聞き及んでいる事と思うが、現在、北海道5区選出の民主党の小林千代美・衆議院議員に対する違法献金で政治資金規正法違反を問われている北海道教職員組合(北教組)が竹島に関し、国及び島根県の立場、学習指導要領を無視する形で、韓国の主張に沿って「独島(竹島の韓国側呼称)は韓国領」とする教育を生徒に対して行っていた事が明るみに出ている。北教組は広島・大分の教組と共に「マルクス主義反日教育団体」日教組の牙城だが(私の暮らす山梨の山教組も似たり寄ったりだが)、竹島に対する日本の領有権は疑う可(べ)くも無く、ましてや所管する島根県が、折角、「竹島の日」を制定して迄して同島回復を願っている最中(さなか)、こう言った「非国民」的行動を公然と行っているのだから、正に「北教組、許すまじ!!」と言った所である。とは言うものの、更にだらしないのは我が小鳩内閣(鳩山首相-小沢院政)である。

島根県独自の「竹島の日」に関し、平野官房長官は国として独自の記念日を制定する考えは無い、と言ったそうだが、まあ、それはそれでも良いとして、何故(なぜ)、学習指導要領に於いて竹島の位置付けを明確にしようとしないのか? 竹島の不法占拠を続けている韓国に対して強力な返還要求を突き付けようとしないのか? 「友愛」外交と「東アジア共同体」構想を掲げる鳩山総理は、事を荒立てたくないと言うより、寧(むし)ろ、韓国に対して尻尾を振っている感さえあるが、国として言う可き事、決して曲げられない事に付いては、相手国がどう反応しようが決して曲げてはならないし、貫く可きは貫かねばならない。然し、その信念が鳩山総理には全く見受けられない。何ともお粗末であり頼り甲斐の無い宰相であり内閣ではないか。

昨日の長崎県知事選と東京・町田の市長選、共に民主党支援の候補は自民党支援の候補に敗れた。これを機に小鳩亡国内閣が一日も早く瓦解し、真の保守勢力結集による新政府が誕生する事を、又、その新政府が外国に占領されている竹島・鬱陵島・千島列島・南樺太に対するより強力な主権の主張、我が国の天然資源が奪われている支那による東支那海天然ガス田問題、そして、支那が隙あらば侵略占領を狙っている尖閣諸島の防衛と言った諸問題に対し曖昧な態度では無く、日本の国益を追求したより強い姿勢で臨む事を憂国の一人として強く願いたいと思う。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro


◆註釈
現在、我々が「竹島」と呼んでいる島は嘗(かつ)て「松島」と呼ばれ、往時、「竹島」或(ある)いは「磯竹島」と呼ばれていた島は現在の韓国領・鬱陵島である。竹島・鬱陵島共に現在、韓国が支配しているが、竹島のみならず鬱陵島に対する主権を日本が主張する事は充分可能だ。故に、日本は竹島は言うに及ばず、鬱陵島に対する主権をも主張。彼等の妄言である「日本による過去の植民地支配」を口実に、我が国に対し増長している韓国に対峙せねばならない。

by ayanokouji3 | 2010-02-22 21:39 | Comments(0)  

<< 日米台事情について-1 台湾旧正月に思う >>