人気ブログランキング |

政治寸評-6

豊かということは裏を返せば物価が安いということであり、実感としては30年前より安くなっている物品が多い。

物価の安さの背景には海外からの輸入と国内の低賃金に甘んずる下級労働者層の存在がある訳である。

経済不振→物価安定→労働対価の削減→経済不振の悪循環は構造的なものであり、その腹いせを官の無駄遣いに向けるのはお門違いというものである。

極論ではあるが、経済振興のためには、手段を択ばず、官といわず福祉貴族といわず、無駄遣いして貰った方が良いのではないか。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2009-06-17 20:12 | Comments(0)  

<< 政治寸評-7 政治寸評-5 >>