人気ブログランキング |

政治の混迷について

定額給付金をめぐり、政治は流動化しつつあるように感ぜられるが、何といっても重要な時期であるだけに政治家は右往左往せぬことを望む。

政治の重要議題ではないようなことが重要となり、重要なことが閑却されるのは困ったことである。

渡辺氏の「義挙」には感心しないものの、現在の政治はそれだけの体(てい)たらくを示しているということであろう。

政治の混迷が日々の生活に影響を与えない立場にいる国民は幸せというものである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2009-01-13 20:50 | Comments(0)  

<< 覇権主義国家「中国」の野望を挫... 「舎己為台湾」について >>