人気ブログランキング |

内閣支持率急落について-2

麻生内閣の支持率急落で、総理の指導力低下が公然と口にされているが、今は誰が総理であろうと同じだろう。総理の「口の悪さ」だけでは、こうはならない。それ程迄に状況が悪すぎるのだ。

政権与党の自民党内からは、連立を組む公明党との「同盟」解消まで口にされる状況は、正に「幕末」と言った所だが、一方、この機会を捉えて倒幕、政権奪取を目論んでいる最大野党の民主党とて心許ない感は否めない。

願わくば、自民党とS学会の「政治部門」である公明党との連立が解消された上で、(旧)自由党と(旧)民主党による保守合同=自民党誕生と同様、良き方向に政界再編され、安定した政治状況の中で、閉塞感に覆われた日本の新生が為される事を切に願いたい。

竹下義朗 TAKESHITA Yoshiro

by ayanokouji3 | 2008-12-16 21:55 | Comments(0)  

<< パンダの台湾行について 劉大人からのクリスマスカードに... >>