人気ブログランキング |

在日社会について

在日の人々についてはこれ迄に幾度か記したことがある。この歳になって今更(いまさら)言うのも可笑(おか)しいが、在日社会の皮相さと奥深さ、諦観と怨念、合理性と非合理性、そうした相反する側面に触れる度に、日本人に生れて本当に良かったと感じている。

日本人にもそうした相反する側面がない訳ではなく、大いにあるけれども、ベクトルが異なっている。

在日社会を理解することは日本社会の深層を理解することであり、日本人のよって来る所以(ゆえん)を知ることでもある。

20~30代の若者は在日社会との交流は控えるべきであり、また、交流しても理解することは出来ない。一定の年齢を重ね、経験を経た者のみがこれを理解すること、達観することが出来るものと信じている。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

by ayanokouji3 | 2008-10-31 21:33 | Comments(0)  

<< 空幕長更迭について-1 「喧賓奪主」について >>