「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

安保騒動について

 9月中旬は安保法案に関する動きが慌しく、戦争反対・子供達を守れのデモの様子を映すテレビニュースは見るに堪(た)えなかった。

 安保騒動が台風一過の如く感ぜられる今日此頃(このごろ)、静かに思うに、「おれにも言わせてくれ」の中小党の乱立が政治の停滞を齎(もたら)らす理由であることが判った。

 日本における政党は自民党のほかに、マルクス・レーニン主義を今尚(いまなお)信奉し、一部の外国の代弁者でもある日本共産党および何でも反対の「仲間達」の党、三つあれば十分である。

 それにしても、安倍首相は戦後70年談話を取巻く喧噪に続き、安保騒動に対しても隠忍自重(いんにんじちょう)、うまく乗り切ったものと考える。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2015-09-28 21:00 | Comments(0)  

日米関係について

 戦後70年という節目の暑い夏が終わった。種々の記事・評論を読み、テレビ討論番組を視た後は、世界規模で賛同が得られるような歴史の真実は皆無であるということをあらためて痛感した。

 成熟した現在の日米関係においては、原爆・大空襲等の歴史問題が提起されることがあっても、直ちに政治問題となることはない。

 日米の戦争が不完全燃焼で終わり、米国の傘の下で繁栄した日本と威圧的な米側との間に、幾度も貿易摩擦が生じたのは残念であった。

 日米間の和解が理想的なものではないにせよ、従属・属国といった卑下(ひげ)をすることなく、頼りにならない他の国々よりましな関係を維持して行くべきことは言う迄もない。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2015-09-14 19:59 | Comments(0)