<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

新聞の論調について

 最近の新聞の一般的論調には新鮮さが感じられず、同じ話の蒸し返しといった陳腐なところも少なからずある。

 安保・憲法・歴史認識といったテーマは長い間議論されて来たものであり、何を今更というほかはない。

 時として、読者投稿欄に、当該新聞社とは反対の意見が掲載されることがあるのがせめてもの救いであると思う。

 小生にとって、この夏の楽しみは、戦後70年談話の内容を知ること位である。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2015-06-28 17:44 | Comments(0)  

村山・河野氏の主張について

 去る9日に日本記者クラブで行われた村山・河野両氏の会見の内容について新聞で読んだ。

 自分達が良かれと思って進めた談話の内容が否定されるのは政治家として見過ごす訳には行かないという危機感が表われている。

 激しい権力闘争を繰返す中国や、北朝鮮から監視されているような韓国へ道義的な配慮を行う必要があったのだろうか。

 御老体が心配をされる割には、多くの日本国民は醒めている。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2015-06-14 20:01 | Comments(0)