「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

集団的自衛権について

 憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認は、公明党が押し切られた観もあるが、ここ迄時間を掛ける必要があったのか。

 公明党は連立離脱した方が政権運営上すっきりとする。単に政権参画への未練だけでああでもない、こうでもないと議論を重ねるのであれば、憲法改正手続の際には一層紛糾することだろう。

 自民党側の粘り強い交渉には敬服する。政治とは時間を掛けることであり、時間を掛けないのは政治ではないということである。

 一国民として事態の推移を見守るのみである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2014-06-29 20:11 | Comments(0)  

超法規的措置について

 数々の諸懸案につき結論を得るのに、堂々巡りの議論を以て荏苒時日を徒過している最中、重要事態が発生した時には如何になすべきか。

 時の首相が超法規的措置を講じて対処する以外の道はない。

 外野席からの解説・評論・批評は結構である。問題は首相がそれを決断出来るか否か、である。

 憲法解釈を通り越して、事態を収拾することが出来れば、これに如くはない。結果は後世の人々が判断することである。

古川 宏 FURUKAWA Hiroshi

[PR]

by ayanokouji3 | 2014-06-14 20:51 | Comments(0)